WordPress(ワードプレス)のホームページ制作ならサブロクセットにおまかせ!ホームページ制作、スマホ対応、ドメイン、サーバーまで低価格で一括管理。

利用規約

第1条(サービス概要)
360sサブロクセット(以下「本サービス」といいます。)とは、株式会社ワントゥワン(以下「甲」といいます。)が運営するレンタルサーバーの利用契約者(以下「乙」といいます。)に対して、ホームページの制作・管理サービス、ドメイン管理サービス(希望者に限る)を併せて提供するサービスのことをいいます。
第2条(契約の成立と効果及び契約期間)
  1. 契約の成立は、次の契約すべてについて、乙が契約書を甲に提出した場合それを甲が受領した日、ならびに乙がインターネットを通じて送信した場合それを甲が受信した時に成立したものとします。
    (1)ホームページ制作サービス申込
    (2)サブロクサーバー利用約款/ホスティングサービス利用約款兼契約書
    (3)サブロクドメイン登録サービス利用契約書
    【各サービスお申し込みURL(一部)】
    ・サブロクセットのお申し込み
    https://www.360service.jp/360s/entry.html
    ・レンタルサーバー(共用)のお申し込み
    https://www.360service.jp/360server/order.html
    ・ドメインのお申し込み
    https://www.360service.jp/360d/management_reg.html

  2. 申込みの取消しは、申し込み成立から起算して7日間を取消し可能期間とし、当サービス開始前に速やかにメールまたは書面(FAX可)をもって申込み取消しの意向を甲に伝えるものとします。取消し可能期間内の申込み取り消しの場合、その時点で甲がすでに受け取っている代金がある場合は全額払い戻しするものとします。
  3. 取消し可能期間を過ぎた申込み取消しの場合は、甲は乙に対して以下に定める解約手数料を請求することができるものとします。制作工程の進捗状況により変動します。
    【ホームページ公開(納品)までのフロー】
    (1)お申し込み・ヒアリング
    (2)サイトマップ制作
    (3)データ入稿
    (4)TOPページ仮デザイン制作開始
    (5)TOP仮デザイン提示
    (6)本デザイン提示
    (7)本制作開始
    (8)本デザインチェック
    (9)納品(サーバー設定・ドメイン設定・アップロード)
    【工程とキャンセル料率】
    (1)お申し込み・ヒアリングから
    (2)サイトマップ制作まで…20%
    (3)データ入稿から
    (4)TOP仮デザイン提示まで…50%
    (5)本デザイン提示から
    (6)本デザインチェックまで…90%
    (7)以降…100%
    【補足】
    サブロクセットのホームページ公開に先行してサーバーをご利用いただくことができます。
    その場合の料金は以下の通り。
    ・サーバー設定料 3,000円 
    ・サーバー利用料 月額2,000円(1ヶ月に満たない場合は日割。後払)
    *キャンセル料率は、見積提示制作料を基準とします。
    *ホームページ制作のみキャンセルでサブロクサーバーの契約へ変更の場合は、サブロクサーバー料金規定に順じます。
    *ドメインは別契約です。独自ドメイン登録料金
     
    co.jpほか属性型ドメイン5,000円
     
    汎用jp・comその他gTLDドメイン3,600円
     登録から1年間利用できます。
    *金額は税抜のため別途消費税が必要です。
  4. 申込み取消しが当サービス開始前であっても、当サービス開始前にもたらされた情報や、有価物(電子データ及び配布書面を含む)に関しては当該情報の漏洩や有価物の転売、利用をしてはなりません。
  5. 本契約の期間は、本条第1項の契約の成立時点から、1年の満了をもって本契約の終了とします。ただし、乙より更新をしない旨の意思表示が事前にあり、かつ甲がこれを承諾した場合を除き、本契約はさらに1年間の継続契約として更新され、以降も同様とします。尚、サービスの開始とサービスの有効期限は甲が取り決めたサービス料金が乙から支払われた事実が甲によって確認された時点から、利用期間満了日までに更新後のサービス料金の支払いが確認されない場合、サービスの利用は当該満了日をもって終了することができるものとします。
  6. 但し、満了日以降に当該料金が支払われ甲がその事実を確認した場合は、当該支払いをもって乙の契約更新の意思表示とみなし、甲がこれを承認した場合に限り当該確認日より本契約は更新されたものとし、その場合更新後のサービス開始及び有効期間は本項の約定のサービス基本利用期間を採用します。
第3条(利用規約及び利用規約の変更)
利用規約を原則別途定めるものとし、乙は当該利用規約に従って誠実に利用するものとします。その約定は当約款をもって充てる又は補完する場合があり、乙はこれを了承することとします。尚、当該利用規約は乙に事前告知をした後に甲によって変更することができ乙は当該変更について承諾するものとし、事前告知の方法は、当該規約の改定内容をホームページ上に掲示、電子メール通知、その他の方法のうち、状況に応じて選択します。また、当該規約についての改定は、原則改定日の7日前までに告知するものとします。
第4条(解約事由)
甲は、次の事項に該当する場合、申込者の申込みを規制または任意に取消すことができるものとします。

  1. 申込者が過去に当社規定及び規約違反等によって利用申込みが取り消されたことがある場合。
  2. 申込者が申込み時に当社に送った内容に、虚偽、誤った記入がある場合。
  3. 申込者が当社に対して債務支払を怠ったことがある場合。
  4. 乙の故意又は過失によって甲に何らかの不利益が生じた場合。
  5. 反社会的勢力である場合、または反社会的勢力であった場合。
  6. その他、甲が不適当と判断した場合。
第5条(サービス内容)
  1. 本サービスは、甲が乙に対して、甲の制作したホームページの利用と、サーバーサービスを提供するものです。当社の運営するサブロクサーバーの利用を前提としています。
  2. 制作範囲は別途定めるものとし、甲乙間で事前に合意したものになります。
  3. サービス提供期間は契約の日から1年間とし、それ以降は自動継続となります。
  4. ドメインの管理は甲がおこなうことができます。
  5. レンタルサーバー利用サービスはサブロクサーバーの利用規約に準じます。なお、下記の事項に該当する場合には、レンタルサーバー利用サービスを一時中止することがあります。
    (1)緊急にシステムの点検を必要とする時。
    (2)システムに障害が発生した時。
    (3)第3者の故意、過失によりシステムに障害が生じた時。
    (4)第1種電気通信事業者が電気通信役務の提供を停止した時。
    (5)自然災害、その他法令による停電、点検及びシステムの適正な運営上甲がやむをえないと判断した事由によって、システムを停止又は外部との接続を遮断した時。
    (6)甲は、前項の (1)~(5)号までの事由によって生じたシステムの障害による乙の直接または間接的な損害に対しては一切補償しません。
第6条(登録情報の変更等)
  1. 乙は、サービスの申込み時に登録した事項に変更又は錯誤がある場合は、甲に直ちに通知しなければなりません。
  2. 甲からの通知は、乙が甲に登録した連絡先に発信することで、事由の如何を問わずこれが延着し、または到着しなかった場合にも、申込者に通常到達すべき時に到達したとみなします。
第7条(会員の義務事項等)
  1. 有料サービス期間中、乙の事由によりサービスが中止、契約解除される場合は当社は乙に残りのサービス期間に対する利用料を一切返金しないものとします。
  2. 未納及び延滞によるサービス中止とは、甲の管理する当サービスを利用した乙のホームページへのアクセスを切断するなどの措置のことをいい、理由の如何を問わず乙は当該中止に対し甲へのあらゆる苦情、請求は出来ないものとします。
  3. 甲は、サービス停止となったホームページに対するデータベース及び資料を停止となった日から起算して30日間保管します。それ以後においては、乙の同意なしに任意に削除することができるものとします。
  4. 乙は、利用料の未納によるサービス中止の後に、再度サービスの開始を希望する場合は、サービス中止期間に発生した未納利用料を支払うことによりサービス利用ができるものとします。
第8条(ホームページ運営)
  1. 乙は、ホームページを運営する際、特定商取引法、その他関係法令やガイドラインなどを遵守するものとします。
  2. 申込者のホームページ運営中に、乙の不注意または過失により発生した事故及び損失損害の全てについて、甲は一切責任を負わないものとします。
第9条(クレジットカード決済に関する個人情報の取扱いについて)
  1. 甲は、クレジットカード決済を行う際の入力情報の内、以下の情報に関して、クレジットカード決済を行うために情報処理会社およびクレジットカード会社に提供します。その際にはインターネットにて暗号化した上で提供します。なお、以前に乙により入力されたクレジットカード情報に関して、乙より以後の第三者提供に同意しない旨の求めがあったときは、甲は以降の第三者提供を停止する措置をとります。
    (1)クレジットカード番号
    (2)クレジットカード有効期限
    (3)クレジットカード名義
    (4)メールアドレス
    (5)電話番号
    (6)申込日時
第10条(準拠法)
本約款及び利用規約に関する準拠法全て日本国内法が適用されるものとします。
第11条(合意管轄裁判所)
本約款及び利用規約に関する一切の訴訟については、名古屋地方裁判所を、第一審の合意管轄裁判所とします。
第12条(利用規約の改定)
当社は、実施する日を定めてこの利用規約の内容を改定することがあります。その場合には、利用規約の内容は、改定された利用規約の実施の日から、改定された利用規約の内容に従って変更されるものとします。

付則

この利用規約は2012年3月1日に改定し、即日実施します。

株式会社ワントゥワン